• ホーム
  • 今後も大規模なGoogleのアルゴリズムアップデートは続く?

今後も大規模なGoogleのアルゴリズムアップデートは続く?

Googleがこれまで行なってきたアルゴリズムアップデートを概観すると、その内容が次第に洗練されてきているということがわかりるでしょう。もともとインターネットの世界に存在する厖大なウェブサイトを、人間が目視チェックして評価することなど不可能です。つまりプログラミングによって機械的に評価する訳ですが、その特性ゆえに抜け道が考えられてきました。アルゴリズムの内容がいかに非公開であったとしても、論理である以上は論理によって推測が可能だからです。

やはり地道にウェブサイトを育てていくという行為は、必要だとはわかっていても難しい課題です。優れたコンテンツを蓄積し、次第に評価を高めていくという営みに即効性のある対策はどうしてもありません。したがって手っ取り早く結果を出すために、アルゴリズムの裏をかくという手法は無数に生み出され、その果てに淘汰されて行きました。

しかしIT技術の進展と検索するデバイスの発展は、アルゴリズムの質を人間による目視確認のレベルに近づくよう引き上げられていくのは自明です。したがって大規模・小規模を問わず、定期的にアルゴリズムの見直しがなされ必要に応じて改変されます。したがってGoogleのアルゴリズムアップデートは必ず続いていくと断言できるでしょう。

ウェブサイト制作者に求められるのは、検索順位結果に一喜一憂するのではなく、地道にウェブサイトを育てていくという姿勢です。良いものを提供すれば必ず評価は高くなるということは、インターネットの世界でも同じです。したがってSEO対策のためのSEOに陥らず、つねに内容重視で質を高める努力が必要なのです。とはいえ検索順位の変動が気になるのは自然なことですし、だからこそSEOの手法があります。SEO対策は、それが例えばGoogleが推奨する基準にあるならば、定期的に見直して最適化する価値は当然あります。自らのサイトを見直せば見直すほど改善すべき要素は見つかるはずですので、そこを手直しししていき続けることこそが最善のSEO対策になります。

アルゴリズムの内容こそ非公開でも、大規模・小規模のアップデートはその方針と併せてGoogle自身がアナウンスしています。そのアップデートの意味するところを理解すれば、どのような検索順位の変動があるのかは推察することがかなりの程度できます。小さな要素が致命的にならないように、取りこぼしなく見直しを継続したいものです。