• ホーム
  • モバイルフレンドリーアップデートって何?デバイス別の最適化とは

モバイルフレンドリーアップデートって何?デバイス別の最適化とは

スマートフォンの発達と普及は、インターネットの検索の形を新しく作り替えたといえます。つまり気になった対象を調べようとするならば、いつでもどこでもという強みがスマートフォンにはあるからです。町中の至る所でスマートフォンを手にしている人を見かけるのですから、インターネットへのアクセスも様変わりしてくるのは当然と言えるでしょう。Googleも明らかにこの変化に対応することを推奨しています。

モバイルフレンドリーアップデートとは、モバイル端末、つまりスマートフォンからの検索需要に応えて新しく投入したアルゴリズムです。つまりスマートフォンユーザーの利便性、ユーザー目線に沿った対応が推奨されます。たとえば自宅のパーソナルコンピュータで閲覧して気に入ったウェブサイトを、次回スマートフォンで閲覧した時も期待通りの表示がなされればそのウェブサイトは合格と言えるでしょう。

具体的には、コンテンツサイズやフォントサイズのようにスマートフォンで表示してもページが適切に表示されるという初歩的な考え方から、PageSpeed Insightsのようにスマートフォンによる読込みスピードなど閲覧者のストレスとならないように表示速度を上げるという取り組みがあげられます。またスマートフォンならではのタップ要素やビューポートに対応するなどの取り組みも無視できません。こうした需要を満たすのがレスポンシブWebデザインが高いサイトであると評価され客観的にはモバイルフレンドリーテストによってなされます。

Google社は2015年になってモバイルフレンドリーアップデートを投入し、スマートフォンユーザーによる閲覧者に対しその利便性を満足させているかどうか、つまりレスポンシブWebデザインが高いかどうかを評価するようになりました。ウェブ作成者は、モバイルフレンドリーテストを行なうことで自らのウェブサイトをチェックすることができます。これはURLを入力するだけで使いやすさが点数で評価されるというサービスです。

このテストで高得点を得る、つまりモバイルフレンドリーアップデートに適合するサイト作りをするには、パーソナルコンピュータで表示してもスマートフォンで表示してもウェブサイトの品質に遜色がないように、コンテンツサイズやフォントサイズはもちろん、PageSpeed Insightsやビューポートあるいはタップ要素にも対応していなければなりません。表示速度が遅くなるなどは論外で、見やすい・使いやすい・速いを実現する手法が必要になります。

Googleによれば、自宅や職場などパーソナルコンピュータがある環境においてさえスマートフォンでの検索が多用されている背景から、パーソナルコンピュータでの閲覧同様にスマートフォンでの閲覧に有利なウェブサイトが高く評価されるという現実があります。