• ホーム
  • モバイルファーストインデックス(MFI)って何?モバイル版基準の評価とは

モバイルファーストインデックス(MFI)って何?モバイル版基準の評価とは

モバイル端末となればスマートフォンだけでなくタブレットでの検索も当然考慮されるべきです。IT企業は現在、スマートフォンで何でも出来るというある種のサービス統合を目指しています。したがってウェブサイトの制作者もスマホサイトを意識せざるを得ません。今やウェブサイトの閲覧機会が、パーソナルコンピュータによる検索よりスマートフォンによる検索の方がはるかに高頻度になっていいます。つまりパーソナルコンピュータ専用のページの評価を高くするだけでなく、むしろスマホサイトの評価を優先するという方針転換さえ必要になってくるでしょう。利用者の割合が変わってくれば評価の基準が変わってくるのもまた当然だからです。

さて、パーソナルコンピュータからモバイル端末へと検索の機会の割合が推移していくということは、Googleのアルゴリズムにも反映されていくことが当然予想されます。同一のキーワード検索をした結果、パーソナルコンピュータとモバイル端末とでは上位表示されるウェブサイトの顔ぶれが変わってくることもあるでしょう。更にモバイル端末での検索結果がより妥当と評価されるようになるかも知れません。"パーソナルコンピュータによる検索結果がランキングの基準になる"現状から、"モバイル端末での検索結果がランキングの基準"に転換され、それをパーソナルコンピュータも踏襲することになるのです。これがモバイルファーストインデックス導入後の姿となると考えられます。

従来のアルゴリズムアップデートとモバイルフレンドリーアップデートとの方針の違いはこうです。過剰なSEOは忌避すべきであるからこうした点に注意するようにというよりはモバイル端末という新しいデバイスに適切に対応しているかどうかのチェックをすれば済みます。つまりSEOとしての専門的な対応を考えるのではなく、モバイルフレンドリーテストであっさりと評価が明らかになってしまうという点で新しいと言え、ウェブサイト制作者の方針転換を促しています。

ウェブサイトの制作者からすれば、スマートフォンやタブレットでの検索がいかに易しくできるかを利用者の立場で考慮すれば良いだけなので、技術的には難しいことではないでしょう。ただし、コンテンツが高品質であることの重要性は変わりません。むしろウェブサイトの構築において難しいところが少ないだけに、質の追求にこだわる必要があります。

そのようにして制作されたウェブサイトがモバイルファーストインデックスに適うものかどうかは、モバイルフレンドリーテストでデジタルに判定することができます。