• ホーム
  • ペンギンアップデートって何?低品質なバックリンクとは

ペンギンアップデートって何?低品質なバックリンクとは

パソコンの前に笑顔の女性

先に述べたパンダアップデートに続き、2012年にGoogle社はペンギンアップデートを導入しました。
こちらもアルゴリズムの改訂によって、閲覧者に対しより高品質なウェブサイトを表示しやすくするという試みです。
ペンギンアップデートがシステム上パンダアップデートと異なるのは、自動でアルゴリズムが更新されるという点でした。
ではその導入によってどのようなウェブサイトが淘汰されるようになったのでしょうか。

大雑把には、影響を受けることになったサイトはスパム行為を行なっているものとウェブマスターガイドラインに違反しているものが低品質なサイトであるという評価を受けることになりました。

スパム行為とは、ウェブサイトを上位表示することを目的として次のような手法を行なうことです。
つまりSEO目的のためのSEOの典型です。
アルゴリズムを逆手にとった作為的記述を行なうことです。
たとえばキーワードが多く用いられている記述が優れたページの条件であるという基準に合致させるためにキーワードを無用に多く、またリンクが沢山載っているページが良いという基準に合致させるためにキーワードを同じく無用に多く、背景色と同じ色で閲覧者から見えないように多数表示すること、HTMLのタグに対し許容されない使い方をすることなどがあります。

ウェブマスターガイドラインは、Googleがウェブ作成者に期待する作法であり、まずGoogleが検出しやすい、ページが理解しやすい、訪問者が利用しやすい、という方針を指します。
反対にウェブ作成者がこれと正反対のことを行なった場合、検索される可能性が低くなるのです。

こうした背景から、他所のウェブサイトから評価されていることを端的に示す自然な被リンクがあれば優先的に検索され、反対に自作自演的な不自然な被リンクがあれば検索圏外にはじき飛ばされるようなペナルティを受けることになります。
良いサイトを機械的に検出するのは容易ではないのですが、被リンクなどのような状況証拠を検証して当否を判定するのは可能なのです。

同様に機械的に検出可能なのは、コピーコンテンツ、ブラックハット、作為的なバックリンクや自動リンク、いたずらにボリュームを大きくしたリンク集などです。
こうした作為はまさしくSEO目的のためのSEOであり、コンテンツの充実という哲学からは遠ざかるものと言えるでしょう。

ただしコピーコンテンツやスパム行為とほぼ同義であるブラックハットは論外としても、ガイドラインに違反する行為を意図していないにも関わらずやってしまうケースもあるものです。
特に、バックリンクや自動リンク、あるいはリンク集などがそれに相当することもあるので、こうした要因によってアルゴリズムから低品質であるという評価を受けてしまう損失は避けたいものです。