• ホーム
  • パンダアップデートって何?低評価コンテンツとは

パンダアップデートって何?低評価コンテンツとは

グーグルのアプリ

Googleが行なう、有益なウェブサイトを閲覧者にアクセスしやすくするという活動は、反対の立場から見ると、価値のないウェブサイトは閲覧者の目には触れないようにする、ということとほぼ同義です。そのためにGoogleが2011年に行なったアルゴリズム改訂を、パンダアップデートと呼びます。

パンダアップデートの基本方針は、次の通りです。

独自性や専門性が希薄である、広告の比率が高くコンテンツの比率が低い、内容が乏しい、サイト内において各ページに重複表現が目だつ、外部のサイトからのリンクが無いまたは少ない、ソーシャルメディアに共有されていない、他の既存サイトとの共通点が多い、などの性質を持つウェブサイトは低品質であるとして検索対象から外していくというものです。

これらの方針のひとつひとつは、客観的には自明ではないかと思われるはずです。それなのになぜそうしたウェブサイトが存在するのかと言うと、まずはボリュームが大きいほど良いサイトであるという評価がなされていた過去があったからです。本来何らかの情報発信をしたいと願ってインターネットの世界に参入したサイト作成者も、自らのサイトが上位表示されることを願います。そしてボリュームが大きければ高い評価を受けるというこの価値判断に準拠しようと目的を見誤り、コンテンツの充実を目指すというよりは、上位表示が目的となってしまうという陥穽に多くが陥りました。その結果、既存記事の無断複製、記事の自動生成、広告の多用、安易なオールドドメインの採用などの手段に走ってしまい、単に規模を大きくした結果、内容の専門性や独自性を希薄にして自らの価値を下げて当該ウェブサイトが低品質と判断されてしまうという結果になりました。

端的に言って、閲覧者にとっては低品質のウェブサイトが多数あるよりは本質をついた情報を網羅するウェブサイトがひとつあるだけの方がずっとありがたいはずです。したがってコンテンツの充実という理想を捨てて、ウェブサイトの規模を大きくするためだけに、既存記事の無断複製や生地の自動生成、安易なオールドドメインを採用するというSEOのためのSEOをやめるべきです。そのサイトの価値が低いとしてGoogleがインターネットの世界で交通整理をした結果彼らを閉め出してしまったのは当然のことなのです。

パンダアップデートはこのような意図を持ってなされたアルゴリズムの改訂でした。