グーグルのロゴ

インターネットの世界には、無数のウェブサイトが存在します。恐ろしく高尚なテーマを扱ったものもあれば、恐ろしく卑俗なテーマを扱ったものもあります。同様にほぼあらゆる人に有益な情報を提供しているものもあれば、制作者の他に興味を持つ人がいないような情報を提供するサイトもあります。

Google社が行っているのは、このように煩雑な世界を交通整理することによって、インターネット利用者が求めている情報に可能な限りストレスなくアクセスできるようにすることなのです。そしてサイト作成者の視点からは、利用者が検索するキーワードに対しGoogleが常にそのサイトを上位表示してくれて、なおかつ順位変動が少ないことを望んでいます。

サイト作成にあたっては、上記を踏まえると独自性のあるコンテンツ価値のあるサイトユーザビリティというハードルをクリアすることで、Googleを経由しインターネット利用者との回路が繋がることになります。つまり、オリジナルの内容であること、閲覧者に対し普遍的に有意義であること、閲覧がしやすいこと、という条件を満たすウェブサイト作りを目指すことになるはずです。

Google社は全てのウェブサイトを目視確認している訳ではなく、一定の合理的法則すなわちアルゴリズムによってウェブサイトの良否を判断します。つまりは機械的に判断・処理をしている訳です。ということはそのアルゴリズムに適合した形でサイト制作をすれば良い、ということになります。これは制作者の独りよがりではなくユーザー目線に立った考えとして、欠くべからざる視点です。

かといってアルゴリズムを推理してそれを騙すような方法では、いずれはアルゴリズムのアップデートによりペナルティの憂き目にあい、閲覧者との回路は断たれます。順位変動どころか絶え間なく順位を下げてやがてこの世界から消えてしまうでしょう。そうならないためにはSEOのためのSEOという考え方を捨て、Googleのアルゴリズムが一新しても閲覧者の有益性と利便性を満たすことでインターネット上での地位を確保することが一番です。そのためにはコンテンツの充実を地道に目指すのが方策と言えるでしょう。

そしてコンテンツの充実とは、閲覧者に対しユーザー目線との一致を見ること、有益性と利便性を備えること、それ自身優れた内容を持つことという意味になります。長い目で見た場合、この水準に達すればGoogleのアルゴリズムのアップデートによる順位変動の影響はほとんど無く、ペナルティを受けるようなウェブサイトとは隔絶したサイトということになるはずです。